家族信託のデメリット


①受託者は管理責任があります(自分名義に代わる)

 

②不動産は信託登記費用がかかります(原則0.4%)

 

③信託自体に節税効果はありません(受益者が実質所有者となり、相続の際にはその受 

   益権が相続されます)

 

④不動産所得の損失が生じた場合に限り他の所得と損益通算ができません

 

⑤契約までにご家族の状況を詳しくお聞きするので、ヒアリングに時間がかかります