家族信託組成に向けて

4月から相談を受けているAさん宅に行ってきました。

今日は、司法書士のS先生、火災保険代理店のHさんと3人で伺いました。

受託者の責任について改めて確認いただき、信託をした場合の火災保険について説明していただきました。

金融機関のチェックや公証役場との連絡調整へと続きます。

 

超高齢社会となり、認知症対策として、また自分らしい人生を歩むためにもぜひ、元気でしっかりしている間にご相談いただきたいと思います。

 

セミナーでも、多くの人にこのような家族信託という制度があることをわかりやすく、これからもお伝えしていきます。

 

コメント: 0